いかなご 解禁 2021。 2021年(令和3年)いかなご解禁日は3/6・価格・イカナゴ漁況予報!今年もシンコは不漁の予想(2/24更新)

イカナゴシンコ漁解禁 漁獲ゼロも 瀬戸内海の春の風物詩

☝ 今年の漁解禁は昨年の2月29日より6日遅い、3月6日と発表されました。 リンク 林崎漁協によると、昨年より漁獲量は多く、1籠(約25キロ)あたりの初競り値は6万7600円と、昨年より2万円ほど高いという。 大阪湾および紀伊水道・・・平年を下回り、一昨年並みの予想 シンコ漁の予測昨漁期の漁獲量は、播磨灘、大阪湾、紀伊水道の3海域に おいて 平年(標本漁協における平成21~30年の10年間、2、3月のシンコ漁獲量の平均値)を下回り、播磨灘では一昨年を下回り、大阪湾および紀伊水道では、一昨年並みであった。

2021年(令和3年)いかなご解禁日は3/6・価格・イカナゴ漁況予報!今年もシンコは不漁の予想(2/24更新)

🍀 6日以降の漁は5日の会議で決められる、 明日が最終日ということもあり得る。

19

イカナゴシンコ漁解禁 漁獲ゼロも 瀬戸内海の春の風物詩

👣 昨年は、播磨灘・大阪湾ともに2月29日に解禁されましたが、播磨灘は3月6日終漁・大阪湾は3月3日終漁と早々に終漁となってしまいました。 この日は昨年の解禁日の1・5倍余りの約4・3トンを水揚げ。

19

2021年【いかなご解禁情報】前年価格値段は3,000~5,900円前後/kg、解禁日2021年3月6日(土)決定、イカナゴ新仔(シンコ)漁期は?明石・淡路島・神戸垂水・姫路・播磨灘の状況が気になる!

👇 近年、漁獲量の減少が目立つイカナゴのシンコ=2019年3月、神戸市垂水区の垂水漁港 播磨灘でのイカナゴのシンコ(稚魚)漁について、沿岸の東・西播磨、淡路地域の漁業者らは24日、今季の解禁日を大阪湾と同じ29日に決めた。

ひょうご経済+|経済|播磨灘のイカナゴ・シンコ漁 29日に解禁

😃 また昔のようにイカナゴの数が増えてくるといいですね。 なので、次点は25日(木)ですね。 また、依然としてイカナゴの資源量が低水準であることから、翌年の漁獲量を増やしていくためには、これまで以上に産卵親魚を残すことを考慮した漁獲や網あげの取組が必要である。

8

いかなご新子漁解禁日、3月6日に決定

⌚ また、昨年に引き続きイカナゴの資源量が低水準であると予測されることから、昨年と同様、翌年の産卵親魚を残すことも考慮した漁獲や網あげの検討が必要である。